MASAZIROのボウタイ

  1. Vintage-桃色花ぼかしボウタイ

    この織物は、神戸の商家からでた、おそらく昭和初期の お着物でしょう、これをボウタイに仕立てました。 仕立て上がって、不思議にとてもクラシック&モダンな雰囲気 となりました。 20紀初頭のヨーロッパのデザインのようにとても華やかです。 今期は、薄手の芯地を仕様しましたので柔らかくフヮと結ぶこと ができます。

  2. Vintage-波紋文様のボウタイその1

    見る人をハットさせる、波紋文様のボウタイです。 朱のラインが半円形にまるで池に小石を投げ込んだように 美しい筆致で描かれています。 とてもモダンでユニークな図柄、ボウタイにすれば 見栄えのするデザインとなりました。 結ぶ方の個性をがっちりと主張するデザインです。

  3. Vintage-白象牙色に朱色隈取りのボウタイ

    オフホワイトに細かい地模様のベースに朱色の後染め 文様が美しいボウタイになりました。 おそらく、昭和初期の織物と推測いたします。 欧米には無いデザインで、シンメトリーに朱がはいりさながら 「歌舞伎の隈取り」のような雰囲気です。

  4. Vintage-薄桃葉文様のボウタイその1

    薄桃のパステルカラーをベースに細筆の精緻なラインで葉柄 が描がかれています。仕立てあがってみると不思議なことに、20世紀初頭、 ヨーロッパで勃興したアールヌーボウの雰囲気が漂っています。

  5. Vintage-オフホワイトに抹茶色の墨流し&藍染の表裏仕様

    おうとつ感のある生地に、薄く抹茶色の炭を薄くぼかしながら 染めたとても品のある生地、もう一つ、地中海ブルーとでも言いますか、 藍染で小花を散らした生地で、表裏ともに個性的なデザインです、お好みで オフホワイトに抹茶色を結ぶか、それとも藍染で小花を散らしたデザインで しめるか、どうかお悩みくださいませ。

  6. Vintage-白象牙色に片朱りのボウタイ

    オフホワイト絹地に細かい地模様のベース、朱色の後染め 文様がアンシンメトリーに配されたとても個性的なボウタイに なりました。生地はおそらく昭和初期のものと推測いたします。 欧米には決して無いデザインで、アンシンメトリーに朱のぼかし がはいりとても個性的なデザインです。 結ぶことが嬉しくなるようなボウタイに仕上がりました。

ページ上部へ戻る