ブログ

MASAZIROの大島紬

MASAZIROの大島紬

大島紬は、奈良時代から手紡ぎ糸で褐色紬が織られていたとされる鹿児島県奄美大島が発祥地で、
久米島紬の流れを汲むという説が有力です。

明治になってから、富国強兵政策にのっとり養蚕が我が国の大きな収入源となりました、
そのころに大島紬は盛んに作られるようになりました。
産地は、奄美大島、鹿児島県、宮崎県都城。素 材は、 正絹100%、昭和から現在の本場大島紬は、

紬と呼ばれるものの紬糸ではなく、本絹糸だけを用いて作られています。
このため独特の光沢があり、シュシュッという衣擦れの音が楽しめます。

現在では、悲しいかな絹糸は、ほとんどが外国産であります。

ですから、MASAZIROのボウタイは、大正期~昭和初期のVintage大島紬を素材として使用しています。

昔のものは良いですし、生地もしっかり、光沢もあり親子三代で着られても、傷まないのです。

ご紹介するボウタイは、色泥染めと言われ地糸は泥染め、模様部分には泥染めと化学染料染めで染め分け

られた絣糸を用います。泥染めとして「古代染色・純泥染」となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る